読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶパンについて。

前回、トリノ・エジプト展で展示されていた「死者の書」に描かれていた、「空を飛んでいる三つのパン」に注目しました。
おそらくアレはパンだろうという結論に至りましたが、今日はいくつかの死者の書を見比べてみます。


死者の上に三つのパンが並んでいる場面は、「死者の書」のなかでも第110章「セケト=ヘテペト」(楽園)の場面を描いたものになります。
カラー版 死者の書―古代エジプトの遺産パピルスに載っているのは、紀元前1500〜1400年(第18王朝か第19王朝)作成の大英博物館の「アニのパピルス」なのですが、その説明によると、

第110章 ここではエジプトの楽園である<平和の原>が示されている。この地の神およびその都はともにヘテプと呼ばれる。

とあります。

さて、この「セケト=ヘテペト」場面でアニの乗る舟の上にあるのは、山盛りの御供物です。
f:id:sahrmn:20090923174144j:image

拡大図
f:id:sahrmn:20090923174213j:image
「カラー版 死者の書―古代エジプトの遺産パピルス」p156より画像をお借りしています。



次に「ネブセニのパピルス」(第18王朝作成)のセケト=ヘテペトの場面では、ネブセニの舟の前に三つの丸いシンボルが縦に並んでいます。

f:id:sahrmn:20090923192939j:image

拡大図
f:id:sahrmn:20090923193008j:image
「エジプトの死者の書 宗教思想の根源を探る」p220より
 



「フネフェルのパピルス」(第19王朝作成)のセケト=ヘテペトの場面でも、フネフェルの舟にはなにも載っていません。

f:id:sahrmn:20090923174732j:image

拡大図
f:id:sahrmn:20090923205306j:image

「カラー版 死者の書―古代エジプトの遺産パピルス」p142より




次の「アンハイのパピルス」(第21王朝作成)で、アンハイとその夫の乗る舟の上には、何も載っていません。

f:id:sahrmn:20090923174625j:image

拡大図
f:id:sahrmn:20090923205328j:image

「カラー版 死者の書―古代エジプトの遺産パピルス」p139より




最後に、「町」の決定詞に良く似た3つの丸いモノが空を飛んでいる「ツリンパピルス」(プトレマイオス朝作成)です。
この舟の上には、山盛りとまではいきませんが、御供物が積まれています。

f:id:sahrmn:20090923193234j:image

拡大図
f:id:sahrmn:20090923193303j:image
「エジプトの死者の書 宗教思想の根源を探る」p227より



あと、ルーブル美術館のHPでも、末期王朝時代の「ジェドホルのパピルス」の第110章で、空飛ぶ3つのパンを見る事が出来ます。

こちら  からどうぞ。

虫眼鏡マーククリックで、拡大図が見られます。

やはり四隅にへこみ?のついたパンが、縦に3つならんで空を飛んでいますね。


どうやら死者の書第110章「セケト=ヘテペト」の場面では、死者が操る舟の上には、元来山盛りの御供物が載せられていたようです。
そしてその御供物は省略されて描かれなくなるか、四隅に指の形の凹みor切り込みのある3つのパンが(なぜか)空を並んで飛んでいるように表現されたようです。

しかし、何故3つのパンだったのでしょう?
しかも、何故そのパンは四隅にへこみがなければならなかったのでしょう?

うーん。やっぱり古代エジプト人はパン大好きだったからでしょうか……


※9/24追記

サインリストO49「町」の決定詞はこちら。
f:id:sahrmn:20090924191929j:image

西村先生から頂いたコメントにあったのはN5「太陽」の決定詞
f:id:sahrmn:20090924182954j:image


上記「ヒエログリフを読む事典」からお借りしています。

も一遍行ってきました。

トリノ・エジプト展。
実は8月に行ったその次の日に、新聞の懸賞に応募していた入場券が当選してしまいまして。
せっかくだから、と行って来たです。

9/12は雨が降ったり止んだりのお天気でした。
そんな中でも上野のトリノ・エジプト展は盛況で、ちょっと遅い到着だったせいか入ってすぐの展示物には行列が出来ていました。
もう一度は見たことがあるので、このあたりは涙を飲んで通り過ぎまして。
イビの石棺の足元のニコちゃんマークをチェックしたり、アメン神&ツタン陛下の石造の右側面の百合の意匠を確認したり。
とにかく自分的に美味しいとこだけをかぶりつきで見て参りました。


そして一番のお気に入りの「死者の書」をうっとりと眺めていて発見したんですが。

この中で、死者が舟に乗って渡っている図があります。
f:id:sahrmn:20090913235516j:image
公式図録から画像をお借りしています。すみません。

その頭上に三つの丸が浮かんでいますよね。
f:id:sahrmn:20090913235455j:image


私はこれは素直に「太陽」だと思っていました。
複数あるのは死者の航行に沢山の年月を費やしている表現なのだと思ったのです。

ですが、最後のオシリス神に捧げものをしている場面で、
やっぱりあります。同じモノが。
f:id:sahrmn:20090913235704j:image

この写真だとつぶれちゃって良く分らないんですが、これらの丸い物体はただの丸では無くて丸の四隅に黒丸があるんです。
で、オシリス神に捧げられちゃったという事は、これはひょっとして御供物のパンかもしれません。

でもそうすると、死者の頭の上にあった丸い物体もパンと言う事になってしまうのでしょうか。



……すみません。コレを思い出してしまいました。

そらとぶパン (PHPにこにこえほん)

そらとぶパン (PHPにこにこえほん)

カーメス王碑文 4回目。

とりあえず、自力で訳したものをUPします。
あやしい所がちらほらと……(汗)

I captured his messenger in the oasis upland, as he was going south to Kush with a written dispatch, and I found on it the following, in writing by the hand of the Ruler of Avaris:
'[?] son of Re, Apophis greets my son the ruler of Kush.
Why have you arisen as ruler without letting me know?
Do you see what Egypt has done to me?
The Ruler which is in her midst - Kamose-the-Mighty, given life! - is pushing me off my (own) land!
I have not attacked him in any way comparable to all that he has done to you;
he has chopped up the Two Lands to their grief, my land and yours, and he has hacked them up.
Come north! Do not hold back!
See, he is here with me: There is none who will stand up to you in Egypt.
See, I will not give him a way out until you arrive!
Then we shall divide the towns of Egypt, and [Khent]-hen-nofer shall be in joy.'
Wadj-kheper-Re, the-mighty-Punisher-of-Misdeeds.


私は上エジプトのオアシスで急ぎの書面を持って南のクシュへ向かっていた彼の使者を捕え、アヴァリスの統治者の手によって書かれた以下のものを見つけた。
「[?] ラーの息子、アポフィスは我が息子クシュの統治者に敬意を表す。
何故、貴殿は私に知らせる事無い支配者として現れたのか?
貴殿はエジプトが私に対して何を行ったのかを見たか?
彼女の中の統治者―強きカーメス―(生命の与えられん事を!)は私を私の国から追放した!
私は、彼が貴殿に対して行った全てに相当するいかなる方式でも、彼を攻撃した事は無い。
彼は彼らの悲嘆から私の国と貴殿の国の二つの国を寸断し、それらを切り刻んだ。
北へ来られよ!躊躇われるな!
見よ、彼は私と共にここにある。エジプトには貴殿に立ち向かう何者もありはしない。
見よ、貴殿が到着するまで、私は彼に逃げ道を与えぬだろう!
そして我等はエジプトの町々を分割し、[Khent]-hen-nofer(ケント・ヘン・ノフェル←多分ネフェルかな?) は喜ぶだろう。
ウアジ・ケペル・ラー、力強き悪事の懲罰する者。




'I took possession of both deserts and the southland, and the rivers likewise, and no way was found for the ?(?).
I am never lax concerning my army - the concerned man has not diverted attention - He feared me even when I was sailing north, before we had fought, before I reached him!
When he saw my flame he beat a path as far as Kush to seek his deliverer.
(But) I seized it en route and did not let it arrive.
Then I had it taken back that it might be returned to him again, and released on the east side at Atfih.
My victory astounded him and his limbs were wracked, when his messenger related to him what I had done to the district of Cynopolis which had been his possession. I despatched my strong battalion which was on the march to destroy Djesdjes (while I was in Sako), to prevent (any) enemy forces being behind me. So I fared south confident and happy, destroying all the enemy who were in my way!'

「私は両方の砂漠と南の国と、同様に川も占領し、そして(?)までの道は見つからぬ。
私は我軍について怠慢ではなく(関与している男は注意を逸らせた)我々が戦う前、私が彼に連絡を取る以前に、私が北を航行している時でさえも彼は私を恐れた!
彼が私の焔を見た時、クシュまでの道を探す為に彼の使者を打った。
しかし、私は途中でそれを捕らえ、それを到着させなかった。
そして私は、再び彼に返されるかも知れないそれを取り戻し、アトフィの東側で開放した。
私の勝利は彼を驚愕させ、そして彼の四肢は破壊された。




What a happy home-trip for the Ruler, life! prosperity! happiness!, with his army ahead of him!
They had no casualties, nor did anyone blame his fellow, nor did their hearts weep!
I moored on home soil during the season of Inundation; everyone was bright-eyed, the land had abundant food, the river-bank was resplendent!
Thebes was festive, women and men had come out to see me; every woman hugged her neighbor, no one was tearful.
[Amun's] incense (burned) in the sanctuary, at the place where it is said: 'Receive good things!' as he grants the scimitar to the son of Amun, life! prosperity! happiness!, the enduring king Wadj-kheper-re, son of Re, Kamose-the-mighty, given life, who subdued the south and drove back the north, who seized the land by main force - given life, stability, dominion and happiness with his ka like Re forever and ever!


何と幸せな支配者の帰郷である事か!生きよ!栄えよ!幸福であれ!
彼の前にある彼の軍隊と共に!
彼等には犠牲者がおらず、そして何者も彼の男を批難せず、そして彼等の心臓は悲しまなかった。
私は氾濫期の間中、自国に留まり、皆の目は輝き、地は大量の食物を所有し、川岸はきらきら輝いた!
テーベは祭のようであり、女も男も私に逢う為に来た。全ての女は隣人と抱き合い、泣き濡れた者はいなかった。
「良き事を受け入れよ!」と言われた場所である聖域にてアメンの香料はともされ、彼はアメンの息子へ偃月刀を与える。生きよ、栄えよ!幸福であれ!不朽の王であるウァジ・ケペル・ラー、ラーの息子カーメス王、生命を与えられし者、
南部を制圧し北部を後退させた者、全力を持って国を掌握した者、-生命と、永続性と、統治権と、ラーのように永遠に続く彼のカーの幸福とが与えられんことを!




His Majesty commanded the hereditary prince and count, master of privy matters of the king's-house, chief of the entire land, the seal-bearer of the king of Lower Egypt of (?) 'Star-of-the-Two-Lands', the dux, overseer of courtiers, overseer of the seal, User-neshi: 'Have everything that My Majesty has done in war be put upon a stela, and have it set in Karnak in Thebes forever and ever.'
Then he replied to His Majesty: 'I will perform every assignment to the satisfaction of the king.'

陛下は世襲王子に命じ、王宮の問題に関する精通者を数えた。全土の支配者、(?)の下エジプトの王の印章保持者、「二国の星」、首席、延臣の監督官、印章の監督官、neshiを行使する者「我が陛下が戦争で行った全ての事を石碑に記録し、永続するテーベのカルナック内にこれを据え置く。
そして彼は陛下へ「私は王の満足感の為の全ての任務を遂行するだろう」と答えた。

カーメス王碑文 ただいま修正中 Phase3

When day broke, I was on him as if it were a falcon.

When the time of breakfast had come, I attacked him.

I broke down his walls, I killed his people, and I made his wife come down to the riverbank.

My soldiers were as lions are with their spoil, having serfs, cattle, milk, fat and honey, dividing up their property, their hearts gay.


夜が明けた時、余は鷹であるかのように彼の上にいた。

朝食の時間が来た時、余は彼を攻撃した。

余は彼の障壁を破壊し、彼の民を殺戮し、そして彼の妻を川岸へと降ろした。

戦利品と共に在るライオンのような余の戦士達は、農奴、牛、牛乳、脂肪と蜂蜜を所有し、それらの資産を分割して彼等の心は喜びに満ちていた。


The district of Nefrusi came down (in submission): it did not take us long until its /// was hemmed in [?] [unknown location] was deserted when I approached it.
Their horses had fled inside, and the border patrol /// those who had spent the night in the valley, their property ////.


ネフェルシ地区は降伏に至った。余がそこに近寄った時には見捨てられていた[?不明の場所]の///が取囲まれるのに、我等に長い時間を取らせる事は無かった。

彼等の馬は内側に逃げ、そして境界パトロールは///谷で夜を過ごし、彼等の資産///


and the border patrol /// those who had spent the night in the valley, their property ////.
は降参しました。

カーメス王碑文 ただいま修正中 Phase2

Then spake the magistrates of his council:
'See, as far as Kos it is Asiatic water, and they have drawn out their tongues of one accord.
We are doing all right with our (part of) Egypt:
Elephantine is strong, and the interior is with us as far as Kos.
Their free land is cultivated for us, and our cattle graze in the Delta fens, while corn is sent for our pigs.
Our cattle have not been seized, and /// have not been tasted.
He has the land of the Asiatics, we have Egypt.
Only when comes one who [acts against us] should we act against him.'
But they troubled His Majesty's heart.
'As for your counsel /// [op]posite me. He who partitions the land with me will never respect me /// the Asiatics who /// with him. I will sail north to engage the Asiatics and success will come! If he intends to be at ease in /// his eyes weeping and the entire land!'


その時、彼の議会の行政官達は言った。
「御覧下さい。kos(コス【クサエ】)まではアジア人の水域であり、彼等は和解の言を表明しました。
私達は私達のエジプトの地方で満足に行っています。
エレファンティネは強く、そして中部エジプトはコスまで我々と共にあります。
我々の豚の為に穀物が送られる間、彼らの自由な土地は我々の為に耕され、我々の牛はデルタの沼地で草を食べます。
我々の牛が奪われる事はなく、そして///味見?されない。
彼はアジア人の土地を持ち、我々はエジプトを持っています。
我々は敵対する者が到来した時にだけ、彼に抵抗しなければなりません」
しかし、彼等の言葉は陛下の心を煩わせた。
「そなたたちの助言は///余のものと反する。余と国を分割する者は余を尊重しないだろう。
///〜のアジア人///彼と共にある///
余はアジア人と交戦する為に北へ航行し、成功は来たるだろう!
もし彼が安心しているのならば彼の眼は涙を流し、そして無傷の国!」


※課題 やっぱり気になる the entire land!


The Mighty Ruler in Thebes, Kamose the Strong, protector of Egypt:
I went north because I was strong (enough) to attack the Asiatics through the command of Ammon, the just of counsels.
My valiant army was in front of me like a blast of fire.
The troops of the Madjoi were on the upper part of our cabins, to seek out the Asiatics and to push back their positions.
East and west had their fat, and the army foraged for things everywhere. I set out a strong troop of the Madjoi, while I was on the day's patrol /// to him in /// Teti, the son of Pepi, within Nefrusi.
I would not let him escape while I held back the Asiatics who had withstood Egypt.
He made Nefrusi the nest of the Asiatics.
I spent the night in my boat, with my heart happy.


テーベの有力な統治者、強きカーメス、エジプトの守護者である余は、良き助言の主アメン神の命令によってアジア人達を攻撃するくらいに十分に強かったが故に、北へ行った。
余の勇敢な軍は火の爆風のように余の前にあった。
メジャイ(=兵士)の軍団は我々の小屋の上部に在り、アジア人達を探し出して彼らの位置へ押し戻した。
東部と西部は潤沢であり、そして軍はあらゆるところで事物を略奪した。
余はネフェルシの中の「テティ、ペピの息子///〜の中の彼に///」を日々のパトロール(巡視)をしていた一方で、余はメジャイの強力な軍を揃えた。
余がエジプトに抵抗したアジア人達を捕えている間、余は彼を逃さぬだろう。
彼はネフェルシをアジア人たちの棲処にした。
余は幸福な心と共に、余の船の中で夜を費やした。


※課題
the just of counsels.←多分、アメン神の称号の一つ「良き助言の主」じゃないかなぁ。

while I was on the day's patrol /// to him in /// Teti, the son of Pepi, within Nefrusi.
ネフェルシはエジプトの中流域ヘルモポリスの南、クサエの北に挟まれたところにある町です。
しかし、何でこの地でテティとペピが……?

カーメス王碑文 ただいま修正中 Phase1

ということで、Lwlwさまの訳を参考にしながら、答え合わせをしていきます。
素晴らしい訳文の載ったLwlwさまのブログはこちら

Kamose Inscriptions

First Kamose stela


カーメス王の碑文

第一のカーメス王石碑


"Regnal year 3 of Horus, he who has appeared on his throne; The-Two-Ladies, repeating monuments; Horus-of-Gold, who pacifies the Two Lands, King of Upper and Lower Egypt [Wadj]-Kheper-[re, son of Re] Kamose, given life, beloved of Amenre lord of the Thrones of the Two Lands, like Re forever and ever!

A mighty king native of Wese, Wadj-[kheper]-re, given life forever, even a good king!
It is Re [that made] him king himself, and that authorized victory for him in very Truth!


治世三年;ホルス、「玉座に現れた者」;二女神、「繰り返し記念碑を建てる者」;黄金のホルス、「二国を平らげる者」;上下エジプトの王、「ウァジ・ケペル・ラー・カーメス」;ラーの息子、「カーメス」、アメンラーより生命を与えられ、ラーによって最も愛された二国の王よ、ラーのように変わらず永遠であれ!

ワセト(テーベ)より現れた強力な王、ウァジ・ケペル・ラー、永遠に生きよ!いっそう良き王たれ!
真に彼を王となし、彼に勝利を与えたのはラーである!



His majesty spoke in his palace to the council of nobles who were in his retinue:
'Let me understand what this strength of mine is for!
(One) prince is in Avaris, another is in Ethiopia, and (here) I sit associated with an Asiatic and a Negro!
Each man has his slice of this Egypt, dividing up the land with me.

None can pass through it as far as Memphis (although it is) Egyptian water!
See he (even) has Hermopolis!

No man can settle down, when despoiled by the taxes of the Asiatics.
I will grapple with him, that I may rip open his belly!
My wish is to save Egypt and to smite the Asiatic!


陛下は、彼の従者達である王宮の貴族の議会へ語った。

「余のこの力が何のためにあるのか、余に分からせよ!
一人の王がアヴァリスに、他の一人がエチオピアに在り、そしてここに余がアジア人と黒人と共に在る。
各々の者がこのエジプトの一部を所有し、私と共にこの国を分割している。

メンフィスに関して言えば、たとえエジプトの水(ナイル)を通っても通る事の出来る者はおらぬ!
彼がヘルモポリスでさえも所有することを見よ!

アジア人の税金のために奪い取られる時に、平静でいられる者はいない。
余は彼の腹を切り裂くために彼と格闘するだろう!
余の望みはエジプトを守ることであり、アジア人を打ち倒すことである!

カーメス王碑文 3回目。

ええと、良く分らないままに自力で訳した分を羞恥プレイ。

Second Kamose stela


カーメス王 第二石碑 


'Bad news is in your town: you are driven back in the presence of your army, and your authority is restricted - inasmuch as you, in your capacity as suzerain, have made me a chief - so that (now) you must (even) beg for the block where you shall fall.
Look behind you! My troops are a threat behind you.
The mistresses of Avaris shall not conceive, their hearts shall not budge in the midst of their bodies, when the war-whoop of my troops is heard!'


「悪い知らせはおまえの街にある。おまえはおまえの軍の面前で退き返し、そしておまえの権限は制限される。―おまえのために、領主としての資格で私を最高の指導者にせよ。おまえはおまえが殺されようとするまな板さえも願わねばならないからだ。
後ろを見よ!私の軍がおまえの背後の脅威である。
私の軍隊の鬨の声が聴こえる時、アヴァリスの愛人達は孕まず、彼等の心臓は彼等の体の中で動かぬだろう!


さっぱり分かりません。(泣
and your authority is restricted - inasmuch as you, in your capacity as suzerain, have made me a chief - so that (now) you must (even) beg for the block where you shall fall.


とらの巻から引用

「おまえは配下の軍隊とともに追い返され、おまえの演説――これにより、おまえはただの支配者だが、私は最高の王だとわかる――は、自分が切り刻まれるまな板を自分で要求するほど情けない!お前の惨めな背中を見よ!我が軍は後ろからおまえに迫っている!」
地図で読む世界の歴史 古代エジプト p.52より

……ナゼダ。



I put in at Per-djedken, my heart happy, so that I might let Apopy experience a bad time, that Syrian prince with weak arms, who conceives brave things which never come about for him!
I arrived at Yenyet-of-the-southward-journey, and I crossed over to them to greet them.
I put the fleet (already) equipped in order, one behind the other, in order that I might take the lead, setting the course, with my braves, flying over the river as does a falcon, my flag-ship of gold at their head, something like a divine being at their front. I made the might transport boat beach at the edge of the cultivation, with the fleet behind it, as the sparrow-hawk uproots (plants) upon the flats of Avaris!

私はペル・ジェドケンに寄港し、幸福だったので、彼の為に決して起たずして勇敢な事を考える、腕の弱いシリアの王子であるアポピに悪い時間を経験させようとした!
私は南の旅のイエンエトへと到着し、そして私は彼らを向かえるためにそこへ渡った。
私は命令どおりに装備された艦隊を、一つは他の物の後ろに配置し、私がリードするかもしれない為にコースを決め、私の勇士とともに、実際に鷹のように川を飛び越え、私の黄金の旗艦は彼等の頭を目掛け、彼等の正面にある神の存在のような何か。
私は耕作されている縁の岸辺にボートを運び、艦隊がそれの後にあり、ハイタカのようにアヴァリスの平地の上の植物を根こそぎにした!


I espied his women upon his roof, peering out of their windows towards the harbor.
Their bellies stirred not as they saw me, peeping from their loop-holes upon their walls like the young of jnH-animals in their holes, saying: 'He is swift!'
Behold! I am come, a successful man!
What remains is in my possession, and my venture prospers!
As mighty Amun endures, I shall not leave you, I shall not allow you to tread the fields even when I am not (here) with you!
Does your heart fail, O you vile Asiatic?
Look! I drink of the wine of your vineyards which the Asiatics whom I captured pressed out for me.
I have smashed up your resthouse, I have cut down your trees, I have forced your women into ships' holds, I have seized [your] horses; I haven't left a plank to the hundreds of ships of fresh cedar which were filled with gold, lapis, silver, turquoise, bronze axes without number, over and above the moringa-oil, incense, fat, honey, willow, box-wood, sticks and all their fine woods - all the fine products of Retenu - I have confiscated all of it! I haven't left a thing to Avaris to her (own) destitution: the Asiatic has perished! Does your heart fail, O you vile Asiatic, you who used to say: 'I am lord without equal from Hermopolis to Pi-Hathor upon the Rekhty water. (As for) Avaris on the Two Rivers, I laid it waste without inhabitants; I destroyed their towns and burned their homes to reddened ruin-heaps forever, because of the destruction they had wrought in the midst of Egypt: they who had allowed themselves to hearken to the call of the Asiatics, had forsaken Egypt, their mistress!


私は彼の屋根の上の女を見つけ出し、港の方向から彼らの窓を凝視した。
彼らの腹は私を見なかったかのように微かに動き、壁の隙間から穴の中の若いjnH-動物(トカゲ)のように覗き見て言った。「彼は速い!」
見よ!私は来た、成功した男だ!
残った物は私の所持品であり、そして私の冒険は成功した!
偉大なアメンが耐え抜いたように、私はおまえの許を去らず、私はおまえと共にここにいない時でさえも、おまえが畑を蹂躙することを許さないだろう!
おまえの心臓は衰えよ、おお、おまえは卑しいアジア人だろう?
見よ!私は私が捕えて私の為に絞り出したアジア人のワイン畑のワインを飲む。
私は貴方の休泊所を打ち壊し、私はおまえの木々を切り倒し、おまえの女を船の中に拘留することを強制し、私はおまえの馬を捕え、
私は黄金と、ラピスと、銀と、トルコ石と、数えきれない青銅の軸で満たされた新しい杉の何百もの船の厚板を後に残して行かなかった。モリンガ油に加えて香料、油脂、蜂蜜、柳材、ツゲの木、棒とそれら全ての良い木―Retenuを作るのに良い全ての木―私はそれら全てを没収した!
私は彼女自身の窮乏の為にアヴァリスに物を残さなかった。アジア人は死んだ。
おまえの心臓は衰えよ。おお、おまえは言うために使われた卑しいアジア人だ。
私はヘルモポリスからRekhty 水の上のピ・ハトルまでの同等でない支配者である。
二本の川の上のアヴァリスに関して、私は住人をやせ衰えさせる事なく平らげた。
私は彼等の町を破壊し、永遠に遺跡の山を赤く染める為に彼等の家々を燃やした。
それは彼らがエジプトの中部で加えた破壊の為であり、アジア人の呼びかけに耳を傾ける事を自身に許した彼らはエジプトと彼等の愛人を見捨てた!